MENU

献立を考えるのがめんどくさい方におすすめの宅食サービス「つくおき.jp」※関東エリアのみ

「毎日の献立を考えるのが大変すぎる。できれば料理も作りたくない。」

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

テレワークが増えて、夕食だけでなく、昼食も考えないといけない!

そんな私を救ってくれたのが「つくおき.jp」でした。

様々な宅食サービスを試した結果たどりついた「つくおき.jp」のことをお伝えします。

この記事の目次

宅食サービスは30種類以上ある

現在は宅食サービス戦国時代

  • nush
  • ワタミの宅食
  • ヨシケイ
  • ママの休食

などなど、たくさんのサービスがあります。

私も過去に以下のような宅食サービスを試しました。

  • nush
  • ベースブレッド
  • シェアダイン
  • 三ツ星ファーム

しかし美味しくなかったり、発注が面倒だったり、飽きたりでどれも続かず、

最後に試してみようと思って使ったのが「つくおき.jp」でした。

そして現在まで、1年以上利用し続けています!

なぜ「つくおき.jp」がおすすめなのか

つくおき.jpが素晴らしいのは、

  • プランがシンプル
  • 献立・注文になやまない
  • 手作りでおいしい
  • 惣菜別に容器が分けられている
  • 冷蔵も冷凍もできる
  • LINE内ですべてが完結できる

という点です。

宅食サービスは多いけど、シンプルでおいしくて便利なサービスは「つくおき.jp」だけだと思っています。

それぞれの内容を詳しくお伝えします。

プランがシンプル

つくおき.jpのプランは2つだけ

  • 週3食プラン 9,580円/週
  • 週5食プラン 14,980円/週

これだけです。

3食か5食を選ぶだけなので、悩むことがありません。

週3食プランと週5食プランの違いは次の通りです。

スクロールできます
メニュー例週3食プラン
9,580円
週5食プラン
14,980円
主菜①デミグラスソースハンバーグ
主菜②ガパオミート
主菜③鶏むね肉の甘辛衣揚げ
主菜④鶏肉とまいたけのソテー
主菜⑤筑前煮
副菜①エビと野菜のアヒージョ風
副菜②春雨のピリ辛炒め
副菜③大学芋
副菜④しいたけと大根のしょうが煮 量が週3食プランの2倍
副菜⑤揚げなすのさっぱり酢醤油 量が週3食プランの2倍
副菜⑥きんぴらごぼう

週5食プランは週3食プランに比べて、

  • 主菜が2品多い
  • 副菜が1品多い
  • 副菜2品の量が週3食プランの2倍

となっています。

ちなみに私は、週3食プランを利用しています。

我が家では大人中心につくおき.jpのメニューを食べているので、週3食プランでもじゅうぶんな量があります。

献立・注文になやまない

献立は毎週1種類のみ!

月末に翌月1か月分、毎週火曜日に翌週のメニューが送られてきます。

1か月分のメニュー

1週間分のメニュー

1週間分のメニュー(写真付き)

注文するかどうかは毎週水曜日までに決めればいいので、

メニューを見て好きなら注文、嫌いならお休み週登録をするだけです。

宅食サービスの中には、いくつもあるメニューの中から頼むものを選ぶものもありますが、

献立を考えたくなくて宅食を頼んでいるのに、何を頼むか悩むのは本末転倒。

「頼む」「頼まない」の2択だから、悩むことがないのがうれしい!

1種類しかない分、アレルギー対応がないので、その点は注意が必要です。

手作りでおいしい

宅食サービスで一番重要なことだと思いますが「つくおき.jp」はおいしいです。

私は冷凍で届く宅食をいくつか試したことがありますが、

正直なところ、どれもおいしくはなかったです。

ミールキットは作るのがめんどうなので、結局普通に料理をするのと変わりません。

「つくおき.jp」は手作りしたものが、冷蔵で届くので、

すぐにチンして食べることもできますし、冷蔵庫で保管するのもラクです。

どの料理も本当においしいので、それだけでありがたい!

惣菜別に容器が分けられている

惣菜別に容器が分けられていることで

  • 朝ごはんのおかずにちょこっと
  • お昼ごはんのメインと副菜に利用
  • 夜ご飯は大人は多め、子どもは少なめに盛る
  • 余った分はそのまま冷蔵庫に戻す

というさまざまな使い方ができます!

それぞれの生活スタイルに合わせて、食べたいときに食べたい量を容器から取って食べられるのは、

本当に便利です。

我が家では、夜ご飯だけでなく、朝のサラダ代わり、昼の定食代わりに食べることが多いです。

テレワーク中のお昼ご飯は、ラーメンやパスタになりがちなので、
家で、ランチに美味しい定食が食べられるのは最高!

冷蔵も冷凍もできる

冷蔵で届くので、普段は冷蔵庫に保管していますが、

どうしても余ってしまう場合は、冷凍も可能です。

冷凍不可のものは、容器に「冷凍不可」と記載があるので、

そういうものから食べることもできます。

冷凍しかできない商品は、冷凍庫を圧迫して、管理が大変でしたが、

冷蔵・冷凍どちらも可能だから、冷蔵庫がパンパンのときは冷蔵庫に、

冷凍庫がパンパンのときは冷蔵庫に置いたまま、

という対応が可能です。

LINE内ですべてが完結できる

つくおき.jp は、専用サイトやアプリで注文する必要はありません。

やり取りはすべてLINEで行います。

  • メニューの確認
  • 注文内容の確認
  • 注文内容の変更
  • お問い合わせ

これらをすべて、LINEの中で実行できます。

メニューの連絡もLINEで来るので、メニューを見て、注文内容を変更するまで、

ほかのアプリを開くことなく、スムーズに実行できますよ!

シンプルかつおいしいを満たしてくれる「つくおき.jp」

まとめると

つくおき.jp以外のサービス
・味はおいしいけど、メニューを選ぶ必要がある
・メニューを選ぶ必要はないけど、1か月単位でしか注文するかどうか選べない
・毎週注文するかどうかえらべるけど、おいしくない

つくおき.jp
・味がおいしくて
・メニューを選ぶ必要がなくて
・毎週注文するかどうか選べて
・他にも便利なことがたくさん!

というわけで、

私の欲しい内容をすべて備えた宅食サービスは「つくおき.jp」だけでした!

宅食サービスを探し始めた目的が「献立を考えたくない」だったので

サービス内容や利用方法がシンプルで、味もおいしい「つくおき.jp」は私にとって最高の宅食サービスです。

つくおき.jpに頑張ってほしいところ

良いところを書きましたが、つくおき.jpに頑張ってほしいところもあります。

例えば

  • エリアの拡大(現在は東京、神奈川、埼玉、千葉の一部のみ対応)
  • メニューの充実(特に副菜は同じメニューが数週間に1度でがち)
  • 受取の自由度(現在は初めに曜日と時間の決めたら、その時間に必ず対面で受け取る必要があります)

などは、もう少し改善されるとうれしいな、と思っています。

特に受け取りは、曜日と時間が変更できないので、その日時に受け取れないときは、

注文をお休みせざるを得ません。

まだ出来て間もないので、今後サービスの拡大と共に、進化してくれることを期待しています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次