MENU

【大人も子供もペットにも】ハンズフリードライヤー「ビサラ」なら髪を乾かしながら本が読める!ゲームもできる!

「ドライヤーを使っているとき、髪を乾かす以外になにかできたら便利だな」

そんなあなたの望みをかなえてくれるのが「ハンズフリードライヤー」です。

その名の通り、手を使わずに髪が乾かせる優れもの!

ハンズフリードライヤー「ビサラ」のいいところをお伝えします!

この記事の目次

ハンズフリードライヤーなら、髪を乾かしながら作業が出来る

ハンズフリードライヤーを手に入れてから、ドライヤー中に出来るようになったこと

  • 本を読む
  • ゲームをする
  • スマホを触る
  • 絵を描く
  • PCで作業をする

こんなことができるようになりました。

髪を乾かす10分-20分の時間、何か別のことができるようになると、時間効率が爆上がりしますよ!

子どもがドライヤーを嫌がらない

我が家の場合、子どもがお風呂に入ったあとはいつもこんな感じ

  • 服を着てと伝える → 着てくれない
  • 髪を乾かしてと伝える → 乾かしてくれない
  • 乾かしたとしても、親が乾かすので、時間を取られる

これがハンズフリードライヤー「ビサラ」を使い始めてから改善しました

  1. お風呂上りにハンズフリードライヤーのそばに絵本と洋服を用意しておく
  2. 子どもは体を拭いたらそのままハンズフリードライヤーのところに行ってくれる
  3. 絵本を読みたいから服を着る
  4. ハンズフリードライヤーのボタンを自分で押す
  5. 絵本を読み始める
  6. 一定時間がたつとハンズフリードライヤーが自動で止まる

このように、洋服と絵本(漫画)さえ用意してあげたら、自分から髪を乾かしてくれるようになりました!

親が乾かしてあげるなくていいので、
その間にご飯の用意が出来るのがうれしい!

ハンズフリードライヤー「ビサラ」にはリモコンがついているので、

離れたところからオンオフが出来るのもうれしいですね

けがをしたとき、年配の方、ペットにも使える

腕を使わなくていいので、子ども以外にもいろんなところで活躍すと思います。

  • 腕を骨折してしまって、手を上げられなくても使える
  • 年をとって、筋力が落ちても、ドライヤーを持ち続ける必要がない
  • 犬の毛を乾かすときも、ボタンをオンにするだけ

いろんなシーンでの使用が可能なので、ドライヤーで困っているときは、選択肢の一つとしてお勧めします

ハンズドライヤーを買う前に借りてみる。「Rentio」でお試しをおすすめ

ハンズフリードライヤー「ビサラ」は高い?

とっても便利なハンズフリードライヤー「ビサラ」ですが、お値段はちょっと高め

メーカー小売価格 29,800円

ドライヤーとして考えるとちょっと高いですよね

合わない可能性もあるので、急に3万円出すのは不安だと思います。

そんなときにお試しできるのが「レンティオ」

購入せずにレンティオで「レンタル」が可能

家電レンタルサービスの「レンティオ」なら、レンタルしてお試しが可能です。

往復送料込みで、1か月 2,500円

気に入った場合は、12か月そのまま使用すれば、自分のものとして所有することもできます。

利用中なら故障の場合の交換もしてくれるので安心です!

ちなみに私もレンティオでレンタルして、4か月目に故障したので、連絡したところ、

その日のうちに交換商品を送ってくれました!

家電レンタルサービスのRentio(レンティオ)について詳しい情報はこちらをご覧ください

ビサラは家電量販店や通販サイトでも購入可能

レンティオで借りなくとも、家電量販店や通販サイトで購入も可能です。

ハンズフリードライヤー「ビサラ」の時間効率度

今回は時間効率をアップする家電「ハンズフリードライヤー」を紹介しました。

ハンズフリードライヤーを使うことでどれくらいの時間効率があるのでしょうか。

ハンズフリードライヤーの効率アップ度

髪を乾かすことに費やしていた1日20分を別のことに使える効率化
20分×365日=7,300分(約121時間)
121時間は約5日
さらに起きている時間を16時間と考えると、約7.5日!!

ハンズフリードライヤーを使用することで、1年間で7.5日分の活動時間効率アップ!!

ハンズフリードライヤー
総合評価
( 5 )
メリット
  • 髪を乾かしながら手が使える
  • 子どもが自分で髪を乾かせる
  • 手をけがしている人、腕が上がらない人も髪を乾かせる
デメリット
  • 少し高い

皆さんもハンズフリードライヤー「ビサラ」を使って、時間効率をアップさせてみませんか?

以上でございます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次